某国政府からのサイト検閲、記事削除の通達。

先日、弊社が某国向けに運営する某ブログサイトにて、ユーザーが投稿した文章に問題があるから即刻削除しなさい。

削除しないと、強制的にサイトを閉鎖するという通達が政府該当部署より来ました。

しかも、当日の5時に通達が来て、期限は6時。

内容は、4月にアップした記事で、〇〇党の初代某主席のことが書いてあっただけで、特に批判的な内容ではなかったのですが、デリケートな部分なので、出来るだけ書いてくれるなということなんでしょう。

今回、ぎりぎり削除が間に合いましたが、検閲専門のサーファーがいるとは聞いていましたが、初めての経験だったので、結構あせりました。

弊社では、今月からSMS配信のサービスを開始しますが、サービス開始にあたり、禁止用語集のようなものがキャリアから提供され、それを守るように指示されています。システム的に禁止用語が入らないようにチェックする仕組みを現在いれているところです。

実際、こんな記事書いて、これもアクセスブロック対象にならないかちょっと心配です。よって、某国という表現を使っています。察しはつくでしょうから、ご勘弁ください。

このブログのサーバーは日本なので、通達は来ませんが、無言でアクセスブロックということになるでしょう。

Leave a Reply