社長の仕事とは

社長の仕事とは、何か。起業してからいつもこの事は考えています。

社長とは、経営者ですから、社長にとっての一番大切な仕事は、経営の仕事です。

・「会社を継続、成長、発展させるために行う仕事」
http://www.hiruta-kaikei.com/blog/management/000386.htm

具体的に、何をするかどうか、自分の時間をどこに使うかをいつも悩みますが、

・「戦略の立案」と「人材育成」こそが社長の仕事である。
http://vl-fcbiz.jp/article/ac016/a000152.html

現場を任せるためには、人材育成が最重要です。
また、会社の継続的な成長のための戦略、
成長のための、新規事業を行うのは社長しか出来ない。

私はそう考えています。

もちろん、起業当初は最初の新規事業ですから、
現場も全てやってきました。
ある程度、現場が社員でできるようになれば、次の戦略を考えなければなりません。
私は、新しい事業を考え、実行することが好きです。

そういう意味では、経営者に向いていると信じてやってきました。

仕事は、まずは、自分を知ること。
人間誰でも、得意なこと、不得意なこと。
好きな事、苦手なことがあります。

ベストなのは、好きで得意な事に集中すること。
両方が無理なら、好きなことをやるべきです。

これが全てだと思います。

社長としてのスキルはまだまだですが、
もっと自分が成長して、関係者を幸せにする。
これが、私の理念です。

Leave a Reply