APPLE Time Capsule 1TB & Magic Mouse導入

先日の日本帰国時にAPPLE Time Capsule 1TB と Magic Mouseを購入しました。

弊社のファイルサーバーは既にバックアップも行いながらありますが、

自分のMac用のバックアップ用のデバイスがありませんでした。

また、TP-LINKの無線LANルータがすこぶる調子が悪く、一日に何回も切れます。

Time Capsuleは、ネットワークストレージと無線LANルータを合わせた機器で前から欲しかったので購入。

早速、つないでTime Capsuleを起動。初回のバックアップは一晩かかりました。合計230GB!。

以降は、勝手に差分をバックしてくれますので、違和感はありません。

例えば、何か問題があったときに、一時間前の状態に戻すというこようなことがとても簡単に出来ます。

素人にわかりやすく、標準でOSついているバックアップソフトとしては、最高でしょう。

マックは高いようで、こういう部分を含めるとトータルでは、結構安いと思います。

Magic Mouseは、Buletoothを使った無線マウスで、しかもトラックボールがないのにセンサーによりスクロールやスワイプなどが出来ます。

特にスクロールは、iPhoneのように慣性で移動するので、大きくサッと下にこすると、大きく移動しゆっくり下に動かすと通常のスクロールとなります。

スワイプは例えばWEB閲覧中に2本指で左右にこすると、戻る、進むボタンとして作動します。

Winユーザーにはつたわりずらいかもしれませんが、慣れるとなんとも気持ちいいです。

2 Responses

Page 1 of 1
  1. Xiao_Long at |

    MagicMouse、導入したんだね。
    BetterTouchToolというのを使うと、
    3本指・4本指スワイプにも対応できるようにカスタマイズできます。
    これやると、MagicMouseでExposeとかもできるようになるよ。
    手前味噌ながらまとめてるのでどうぞ。
    http://xiaolong.blog27.fc2.com/blog-entry-250.html

Leave a Reply